Home > アメリカンビンテージ

画像:American vintage header

画像:accessary illustration

昔、おばあちゃんが使っていたような
懐かしくて美しいもの。
できてから100年も経っていないけど
すごくいとおしいもの。
英語では、そんな素敵なアイテムのことを
"Collectibles(コレクタブルズ)"と呼びます。
日本ではあまり馴染みの無い響きなので、
"ビンテージ"という言葉を使わせて頂きました。

おすすめアイテム

画像:fk

ファイヤーキングの「Forget me not」シリーズ

  • 「forget me not」そんな名前がついた、ファイヤーキングのブルーグレーのお花のシリーズ。 日本語では、「勿忘草(わすれなぐさ)」。私を忘れないで、という花言葉がなんだかせつない気分になります。でも、勿忘草には、他にも「真実の友情」や「誠の愛」という花言葉もあるんです。離れていても、このお花を見るたびに、大切な誰かを思い出すのでしょう。
  • U.S.A.
  • Vintage

画像:NY plate

ビンテージのブレスレット

  • 1960年代の深いグレーのガラスのブレスレット。アブコで、ビンテージのイミテーションパールと出会い、シックに生まれ変わりました。 一見、黒と白に見えるブレスレットとピアス。1920年代のグレートキャッツビーのような、華やかさと儚さを感じてしまいます。
  • U.S.A.
  • 1960s

画像:bag

ビンテージのピアス

  • ガラスを、ふちだけメタルフレームで囲って作るシャネルストーン。 そうすることで、ひかりにガラスが透けて、とっても美しい陰影をかもしだしてくれるのです。 ゆらゆらゆれるピアスは、首元や肩に落ちるその影まで、あなたを彩ってくれます。
  • U.S.A.
  • 1970s

画像:Depression Glass

デプレッショングラス

  • 1929年に始まった世界大恐慌。
    暗い時代をせめて明るくするために、1930年代に造られたガラスたち。「プリンセス」や「アメリカンスィートハート」、「マドリッド」など、夢広がる名前が付けられていました。今でも色褪せないデザインに、アメリカでたくさんのコレクターがいるのにも納得です。
  • U.S.A.
  • White, Pink, Brown

accessヘッダー

  • 〒 604-8083 京都市中京区三条通富小路
    西入ル中之町20 サクラビル2階
    ※中之町は他にもありますので、
    ご注意ください。
  • 地下鉄「京都市役所前」より徒歩6分
    京阪三条駅より徒歩10分
    阪急河原町駅より徒歩15分
  • TEL: 075-254-0909
  • 営業時間
    13:00〜19:30(平日・夏季)
    13:00〜19:00(平日・冬季)
    不定休

iiivkoの地図